うららのゆるーい日常 etoile917.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

  Every moment is a gift. 


by うらら
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ホワイトラビット:伊坂 幸太郎



伊坂さんの作品は、常に最初から心して読まなくてはと思う。
時間軸も視点もいろいろ変わるので、ぼーっと読んでたらサッパリわからなくなるからだ。

でも今回は著者自ら「ここからは○○の視点で」とか「それより1時間前」とか説明が入ってたので、手法を変えたのかしら、わかりやすくて助かるわと…、油断したのよねぃ。
それが大きな落とし穴。


ストーリーも文章も、もちろんおもしろかったのだけど、黒澤と兎田との会話も、レ・ミゼラブルやオリオン座の話もとっても興味深かったのだけど、最後で頭の中かき回されたって感じ。

ちょっと待って、プレイバック、プレイバック(かなり古い)というような。

なので、正直細かいところまで理解できてないまま読み終わってしまったのよ。
自分の中できっちり消化できないというか納得できてないというか。

全部のからくりを知った上で、もう一回読む必要があると思う。
そうすると全てがつながって、きっともっとおもしろいと思う。


だけど、図書館本だったから、返却日が迫ってたから、というか返却日までに読み終えたらいいという気で読んでたものだから、再読する時間はなかったのだ。
ショックだったわー。
まさかこんな気分にさせられるなんて。

ほんとに伊坂さん一筋縄ではいかない。


文庫になったら、最初からそのつもりで読もう。



ブログランキング・にほんブログ村へ






[PR]
トラックバックURL : https://etoile917.exblog.jp/tb/26841981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by etoile_yhm917 | 2018-05-29 22:25 | あ行-か行の作家 | Trackback